LOTD.jp trinity   Japanese only...
Program/Cast
Story
Facts
Tour Dates
LOTD video 1996
Japan Tour 2001
News
Lord of the DanceJapan

Michael Flatley's
Lord of the Dance

STORY 物語

- ACT I 第一幕 -

Little Spiritがアイルランドの少女達を眠りから目覚めさせると、彼女たちは優美に舞い踊る。そこにLord of the Danceが現れまぶしいほどの足さばきで踊りを披露する。彼を祝うためにケルトの部族の者全てが出てきてみんなで踊る。

アイルランドの女神ERINは、深い緑のドレープを身にまとい、長い愛のバラードを歌う。

Saoirseと少女達は穏やかに優しく踊っている。けれど、その幻想的な美しさはすぐに闇にうち砕かれてしまう。Dark Lordの Don Dorchaが意地悪そうにやってきて、Warriorsと共に息のつまるような踊りをする。Lordを誘惑するための女Morrighanも現れて、妖艶な踊りをする。

2台のヴァイオリンは、柔らかいものから激しいものまでその調べを奏で、ケルトの魂に火をつける。

ある時、MorrighanはSaoirseを挑発しにやってくるが、Saoirseと少女達はその挑戦にこたえ魅力的に踊った。Lordは戦いに備えてWarlordsに訓練をする。

再びERINがあらわれて、古くから伝わるケルトの人々の言葉、ゲール語の歌を歌う。

そしてLordはその力を表すかのように、華麗な踊りを披露し、そこに全ての者が加わって全員で力強い踊りを披露する。

- ACT II 第二幕 -

Don Dorchaとそのてしたは、 Little Spilitをいじめ彼女の大切な笛を壊してしまう。彼女を助けるためにLordがかけよってきてDon Dorchaとの間でバトルを繰り広げる。そしてその後、Little SpilithはLordと二人きりになったときに、その壊れた笛をLordに差し出す。すると彼は優しく笛を直し、彼女の顔にはやっと笑顔が戻る。

MorrighanはLordの気をひこうと踊る。ヴァイオリンは悲しい曲を奏でる。ケルトの者たちはまだ豊かで平和だった時の、喜びにあふれた踊りをみんなで踊る。

ERINが再びあらわれて、結婚前の恋人達の情愛をえがいた伝統曲を歌う。

Saoirseと Lordのところへ Morrighanが厚かましくわりこんでLordと踊るけれども、彼は自分自身の愛がどこにあるのかを思い出し Saoirseのところへ戻る。怒ったMorrighanは復讐を心に誓いDon Dorchaたちに彼らのことを告げる。Lordは捕らえられ、大切なベルトを奪われ、Don Dorchaに致命的な一撃をくらわされ消滅してしまう。Don Dorchaは勝利を喜んだ。しかしそこにLittle Spilitがかけてきて魔法をかけると、Lord of the Danceは復活をとげ、Don Dorchaに戦いを挑む。そしてついにLordは戦いに勝ち真の勝利をおさめる。

Lordは Little Spilitとともに喜び、 Saoirseにキスをする。キャンドルを携えたドルイド(*)たちが平和を祝って行進する。そしてその部族は再び結ばれ共に踊る。

Lordは再び華麗な踊りを披露し、troupeの一団を過去から現在へといざなう。
 

*ドルイド = 古代ケルトの聖職者、神官。詳しいことは、下のページをお読み下さい。
http://island.site.ne.jp/fairy/culture/faith.html

 

SOURCES: 参考資料

by Keito
 

>> Page Top
>> HOME

Michael | RD | LOTD | FOF | Dancer | Photo | Video | Music | BBS

HOME
(C)2002 lordofthedance.jp. All rights reserved.
このサイトについてのご意見ご要望はメール